和 名 ゆり(百合)
花言葉 純潔、威厳、甘美、貴重
英語名 lily
別 名
分 類 ユリ科ユリ属
原産地 北半球
花 色 白、黄、ピンク色など
花 期 5~8月
メ モ 日本は世界でもユリの宝庫で、約15の自生種がある。19世紀初頭、シーボルトが日本から持ち帰り、以後球根の輸出が盛んになった。

ユリは種類も多いが、花言葉も多彩だ。ヤマユリは「荘厳」、ササユリは「上品」、ヒメユリは「誇り」、オニユリは「賢者」、テッポウユリは「純潔」、スカシユリは「飾らぬ美」、白いユリは「純潔」で黄色いユリは「偽り」といった具合。

基本的には、どのユリも気高く清純で聖なる花として扱われている。それは、古代ギリシャ時代に始まり、キリスト教においては、大天使ガブリエルが聖母マリアに受胎告知をしたときにユリを手に持っていたことによる。