和 名 すいれん(睡蓮)  
花言葉 清純な心、心の純潔
英語名 water lily, water nymph
別 名
分 類 スイレン科スイレン属
原産地 北半球
花 色 白、黄、ピンク色など
花 期 7~8月
メ モ 園芸植物として5000年の歴史を持っている。はすと混同されるが、すいれんは葉が水面に浮かぶのに対し、はすは葉が水上に抜き出る。

尾瀬など高原の沼や池で見られる「ヒツジグサ」というすいれんは、日本で唯一自生するすいれんである。

すいれんは、日の出とともに開き日の入りとともに閉じることから、古来エジプトでは、太陽崇拝、復活思想の象徴として神聖視され国花となっている。ナイル川には白いすいれんが無数に咲くという。