和 名 さるすべり(百日紅)
花言葉 雄弁、潔白、愛嬌
英語名 crape myrtle
別 名 ヒャクジツコウ
分 類 ミゾハギ科サルスベリ属
原産地 中国
花 色 白、ピンク、紅紫色など
花 期 7~9月
メ モ 英語名 Crape myrtle は、ギンバイカ(myrtle)の花に似て、花弁がちりめん(crape)のように縮れていることから。

この木は、生長するにつれて、古い樹皮のコルク層が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れてなめらかな状態に更新されていく。

猿が登ろうとしても、滑ってしまうということからこの名が付いた。暑さや病害に強く、街路樹や庭木に多用される。

別名を「百日紅」というのは、花の少ない夏期に長く元気に「百日間咲き続ける」からだといわれている。