和 名 サンダーソニア
花言葉 望郷、共感
英語名 christmas bells, Chinese lantern
別 名 クリスマス・ベル、チャイニーズランタン
分 類 ユリ科サンダーソニア属
原産地 南アフリカ
花 色 オレンジ色
花 期 6~7月
メ モ 学名「Sandersonia aurantiaca」の「Sandersonia」は、発見者の名に由来し、「aurantiaca」は「オレンジ色」の意。日本への輸入は1973年。球根植物。

南アフリカ共和国東部の旧ナタール共和国などの高地(600~2000m)が原産地であり、1851年にジョン・サンダーソンが発見したことにより命名された。

現在は農地開発や乱獲により、保護区を除いては、野生で観察するのは難しい。現在はニュージーランドなどで盛んに生産され、生け花やフラワーアレンジメントなどで利用されるため主要消費国の中でも日本の存在感は大きい。