和 名 れんげそう
花言葉 あなたは私の苦しみをやわらげる
英語名 Chinese milk vetch
別 名 レンゲ、ゲンゲ
分 類 マメ科ゲンゲ属
原産地 中国
花 色 赤紫色
花 期 4~6月
メ モ 室町時代に渡来。田畑の肥料として栽培し花後に土へ鋤きこんだり、牧草としても利用する。蜂蜜の密源としても人気。その昔、兄弟デュオ・ビリーバンバンのヒット曲に「れんげ草」がある。
神 話 れんげそうと聞いてすぐに思い浮かぶのは「やはり野に置け蓮華草」という江戸時代の句の一節だろう。面白いことに、ギリシャ神話にも似た話がある。

あるところに仲の良い姉妹がいたが、姉が野原でれんげそうを摘んだところ、あっという間に自分にも根が生えて蓮華草になってしまった。それは実は妖精の化身だったのだ。花に変えられてしまった姉は最後に、「もう花は摘まないでね、花はみんな女神が姿を変えたものだから」と最後に言い残したという悲しい伝説である。

どちらの話も「れんげそうはそこにあるからいいのであって、花でも人でもふさわしい場所がある」と言っているのだろう。