和 名 アガパンサス  
花言葉 恋の訪れ、ラブレター、知的な装い
英語名 Agapanthus africanus
別 名 ムラサキクンシラン
分 類 ヒガンバナ科アガパンサス属
原産地 南アフリカ原産
花 色 白、青、ピンク、紫色など
花 期 6~7月
メ モ およそ10種があるが、単に「アガパンサス」というと通常は本種のこと。半耐寒性多年草。

「アガパンサス」はギリシャ語の「agape(アガペ 愛)」と「anthos(アントス 花)」の2語の組み合わせなので、花言葉は愛や恋にちなんだものが多い。

日本では園芸用に球根が販売される。