花の女神、クローリスが、秋も終ろうとする頃、湖畔で一人、春から夏へと色々な花を咲かせてきたことを思い起こしていました。

そこへ牧場のニンフが現れ羊たちが野原の草が枯れて悲しんでいると訴えました。クローリスはその熱心さに心を動かされ、秋の最後にサフランという花を咲かせました。と言うわけで、サフランは季節の最後に咲くと言われています。