シシリアの羊飼いダプニスは、伝令神ヘルメスとニンフとの間に生まれた愛らしい子供で、ニンフや神々からも大変愛されていました。

ところが彼は傲慢で誰も愛する事ができませんでした。一度は女神アフロディテーの計らいでニンフのエケナイスを愛したのですが、もともと傲慢なダプニスは間もなくエケナイスを捨てたのです。

女神アフロディテーはこんな彼を許しませんダプニスを盲目にしてしまいました。盲目にされたダプニスは我が身の不幸を嘆き悲しみアナポス河に見を投じたのです。

そんなダプニスでもニンフや神々、獣や大地までも彼の死を悲しんだと言います。そして大地がダプニスの死を惜しんで贈ったのがアザミです、このアザミにとげがあるのは悲しみのしるしなのだそうです。